稚鮎3回目の放流をしました

4月2日 3回目の放流は阿曽地区と滝原地区に合計400K放流しました。

阿曽地区の放流には、地元のケアホーム「大樹」の子供たちが参加をしてくれました。子供たちは昨年に続き2度目の放流体験です。大内山川の自然にふれ楽しそうにバケツの中の稚魚を、川に放していました。イキイキと楽しそうな姿がとても印象的でした。子供たちには「今、皆が放した鮎は数か月で食卓にのぼりますよ。清流でないと鮎は育ちません。そのためにはきれいな環境が大切です」と話をしました。

P1010970  P1010965  P1010960

 

関連記事

テレホンサービス
TEL:0598-74-1326
〒519-2802 三重県度会郡大紀町崎2167
TEL:0598-74-0666

メルマガに入会する

アーカイブ

ページ上部へ戻る